Blog

薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品添加物等の物質を特殊な酵素によって分解し、
無毒化する働きの事を解毒(げどく)と言い、
多機能な肝臓の担う大事な活動の一つと言えるでしょう。


ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる物質が、
肝臓の持っている解毒酵素そのものの発生を促しているのではないかという新たな可能性が見えてきました。


骨を折ってたくさん出血した状況では、
血圧が降下して眩冒や冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失などの色々な脳貧血の症状が現れる時もあります。


「肝機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、
γ-GTP(ガンマGTP)などの値によってモニタリングできますが、
特にここ2、3年肝臓の機能が低下している現代人の数が明らかに増加傾向にあるとのことです。


ジェネリック医薬品は新薬の特許が無くなった後に購入できる、
等しい成分で負担を低くできる(薬の代金が高価ではない)後発医薬品のことを意味します。


内臓脂肪症候群とは診断されていなくても、
臓器の脂肪が多く付着してしまうような悪い肥満症を持っていることによって、
あらゆる生活習慣病を招く可能性が高まります。


胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、
食事の欧米化に加えてスモーキング・お酒を毎晩飲む事・肥満といった生活習慣の質が低下したこと、
ストレス等によって、いま日本人に多い病気だといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。